グッピーコンテスト優勝を目指す男の飼育日記

グッピーjournal

グッピーブリーダーのあれやこれや

アクバスお疲れ様でした

2/10はアクアリウムバスがありました。

私もお手伝いとして参加させていただきました。

f:id:popopoppun:20190213232734j:image

hiwaさんzuzuさんjawsさんhnbさん、並びに会場にお越し下さった皆様ありがとうございました。

f:id:popopoppun:20190213233009j:image

充実した1日でした。

f:id:popopoppun:20190213233014j:image

相変わらず凄い人数でした。

年々増えているような気がします(^^;;

 

久しぶりのイベントということもあり初めてグッピーを馬鹿買いしてしまったので、軽く紹介だけしておきます。これまで割と余裕を持って飼育をしていたので水槽7本にプラケもいくつか空けてあり正解でした。

f:id:popopoppun:20190213233713j:image

zuzuさんのサンセットフルレッドテールタキシード。
f:id:popopoppun:20190213233643j:image

同じく。こちらはかなり濃いです。

初めての赤系ですが、雌の表現もだいぶ差があるように感じました。

雌は約7センチの種親サイズで、20匹ほど仔が採れるようです。
f:id:popopoppun:20190213233704j:image

こちらもzuzuさんのフルレッド。

以前zuzuさんの温室を訪ねた際に購入すると決めていました。

実際は明るい赤というより真紅に近いです。

こちらの雌も大きいです。1匹は既に稚魚の目が見えます。

f:id:popopoppun:20190213233655j:image

またまたzuzuさんのサンセットドイツイエロータキシードリボン。

家のサンセットはガルウイングではないものから仔を取り、無理やりガルウイングを抽出しましたが再び伸長しないタイプに戻ってしまいました。

とりあえず同胎で採って、余裕があったら家の処女雌も当ててみようと思います。f:id:popopoppun:20190213233717j:image

ドイツイエロータキシード。

jawsさんの系統がhiwaさんの所へ里子に行っていたものらしいです。

家の魚も把握はしてくれているらしく、現地で質問したのですが

「あぁパサパサ系統ね。」ということで、こちらを掛けて欲しいということで購入しました。

パサパサ地獄はまた別記事にします。

f:id:popopoppun:20190213233651j:image

この系統の面白い所は黒く尾ビレが縁取られていることです。

家のBDドイツはこれが尾ビレ内側まで侵食してきて抜くのに苦労しました。

やはり抜くのは困難らしいです。

先端が黒い、要はメラニンがありますのでそれが先端パサパサ地獄を補強してくれるということではないでしょうか。

f:id:popopoppun:20190213233659j:image

jawsさんが去年優勝されたキングコブラのハイドーサル系です。

最近、丁度コブラ系に興味が向いておりタイムリーだったのでノンストップで購入しました。
f:id:popopoppun:20190213233709j:image

家にもゴールデン、スワロー系のキングコブラがいますが、雌の表現がだいぶ違います。

ハイドーサル入りでサイズをどう仕上げるかでしょうか。

丁度幼魚のキングコブラのスワロー雌がいるので、子供が採れたら掛けてみたいです。f:id:popopoppun:20190213233639j:image

処分する所を引き取ってきた魚です。

同じ魚を買った人には検疫するように!と注意喚起をしましたが、体調を崩した方は治らないっぽいです。家も厳しいです。
f:id:popopoppun:20190213233647j:image

2袋いただいて翌日体調を崩した雄は2匹。

画像の1匹は無理でしたが、もう1匹は治せそうな気がします。

送ってくださった魚で、到着時に相当袋が冷えていたので仕方がないと思います。

前日私も発送がありましたが、珍しく雪が降っていたこともあり見送りましたので…

 

最近はエアコンをつけていても部屋が冷え込んでしまいます。

魚のコンディションが中々上がりませんが頑張ります。

アクバスのお知らせ+サンセットだの

f:id:popopoppun:20190207085339j:image

今期のサンセットも染まってきました。F4?

一昨年のアクバスで購入したものです。

サンセットは別系の雌と合わせて〜が定石ですが同胎で採り続け、なんとか繋げてはいるものの限界なので別系統掛けようと思います。

同胎というか、サンセット×サンセットでここまで来ました。僕は馬鹿です。

でも、ほぼ初心者の頃に購入したサンセットをなんとか繋げているのは嬉しくもあります。

 

サンセット同士の場合、仔もサンセットが多く出ます。

サンセット同士は産仔数が少ないですが、育てる数に対してのサンセット割合は良いです。

育成効率(?)が良いので、水槽の数が少なかったのもあり寧ろ有り難かったんだと思います。

今こそ水槽が40近くありますが、、、(それでもカツカツ?)

 

f:id:popopoppun:20190207090110j:image

SNSでも言いましたが、去年のアクバスで買ったプラチナのサンセットはダメでした。

F1が画像のような感じで、これは流石に雌変えなきゃと思って別系の雌を当てましたが、スーパーセルフィン(Fa)が発現し掛かりませんでした。

ゴノポがぴろんってなってるのが分かると思います。

折角なのでBD雄とFa雌の仔を2腹ほど採りましたが、今1と2ヶ月です。

 

それは置いといて、、、

2/10にアクアリウムバス。魚のイベントがあります。

f:id:popopoppun:20190207090513j:image

去年の様子。

ありがたいことに手伝いの誘いをいただきました。

一緒に行く予定だったGS君、申し訳ない🙏

 

勿論、僕のような素人ではなくプロの魚が販売されるので是非買いにきて下さい(真剣な宣伝)

 

f:id:popopoppun:20190207091135j:image

ラストになります。

三週間ほど前でしょうか?

zuzuさんのお宅に遊びに行きました。

ありがとうございました。

是非また遊びに行かせて下さい。

 

最近は柄物に興味があり、種の仕込みを行なっています。別記事で書くかも?

サンセットもプラチナの方がダメだったこともあり1系統導入予定です。

今回のアクバスでの出会いに期待です^^

ホワイトウイングでGo!

お久しぶりです。

相も変わらずサボっておりました。

皆さま、ホワイトウイングというものをご存知でしょうか?

サンセットかも?のような名義で流通しているのをちょこちょこ見かけますが、勿論サンセットとホワイトウイングは別物です。

 

今現在、家にはホワイトウイングに近い個体が出る系統が2つあります。

f:id:popopoppun:20190207080044j:image

まずはこの系統。雌の当たりが良かったのか程度の差こそあれ多くの個体の胸鰭が若干染まりました。

サンセットドイツの場合は全体が染まりますが、これは部分的に白が載ってる感じです。

胸鰭の一番上側の条が白くなる系統?個体?は比較的見かけると思います。

f:id:popopoppun:20190207080500j:image

この系統がもう一つの系統と違う点は、このようにプラチナ、いやソリッドの方が近いでしょうか。のような個体が低確率で出現する点です。

某徳島さんもこのような個体からホワイトウイングの系統を作り上げたようで、何か関係しているのかもしれません。

f:id:popopoppun:20190207080447j:image

ちなみに、前期親に使った個体の体色はごく普通です。

種親2匹から2腹ずつ採って計4腹。

内3匹程度の出現。となるとプラチナは勿論、確率的にソリッドでもなさそうです。

f:id:popopoppun:20190207080455j:image

完全には染まりません。

意図的にホワイトウイングを狙っていたわけではないので仕方ないと思います。

サンセットのようにとりあえず全体が染まるという感じではなく、選別して染まる部分を増やしていく感じが良いのかもしれません。

 

f:id:popopoppun:20190207081031j:image

同胎雌。沢山います。親はまだ選んでいません。

普通体色の雄からも変な体色だったり、ホワイトウイングが出る点から雌にヒントがあるのでは?と思いましたが分かりません。

 

ポイントというか着眼点はいくつかあります。

例としてこのリボン雌をご覧ください。

f:id:popopoppun:20190207081503j:image

まずは肩から背中にかけたピカピカ具合。
f:id:popopoppun:20190207081507j:image

そして、背ビレから尾ビレにかけたピカピカ具合。

 

同胎雌でもここら辺に差が出てくれれば良いのですが、小さいからか余り差は感じられません。

それに、ピカピカの雄が増えた所でホワイトウイングにならなければ意味がありませんし、プラチナやソリッドの下位互換です。

 

f:id:popopoppun:20190207082040j:image

次はこの系統。複数の雄雌からかなりの数採りましたが、全体的に染まる傾向がありました。

f:id:popopoppun:20190207082327j:image

リボンなので完全に染まれば見栄えが良いですが…

沢山採ったので、これくらいの微妙な染まり個体なら割と沢山います。

前期の種親の画像を漁って見ましたが、雌の肩の発色は微妙にある気がしました。

こちらは先程のようにピカピカの雄は一切出ませんが、ノーマル雄でも胸鰭が伸長する(俗に言うガルウィング形状)個体がいました。

この系統はそれ以前に重大な弱点があるので、そこを突き詰めていく余裕はないと思います。

今回で雌を親戚の系統と差し替えるので、その段階で消失してしまうかもしれません。

一応同胎も採っては起きますが…

 

現実的なのは最初の系統で、

染まりの良い普通体色の雄×なんらかの特徴のある雌

ピカピカな雄×なんらかの特徴のある雌

と言った所でしょうか。あまり水槽に余裕がありませんが、気が向いたら掛けてみます。

 

f:id:popopoppun:20190207083355j:image

某方からの助言。僕のよう分からん文章より参考になると思います。

メラニンと言えば、胸鰭に白だけでなく黒がのる個体もいました。完全に黒く出来たのであればブラックウイング?(かっこいい…)

 

今回はそんなところです。

スポンジフィルター3種を比較してみた!一番のオススメは?

スポンジフィルターの比較

f:id:popopoppun:20190108124115j:image

こんにちは。

今回はアクアリストなら全員が使っていると言っても過言ではないスポンジフィルターの比較をしていきたいと思います。

種類が沢山ありますがキスゴムで貼り付けるタイプのスポンジフィルターに限定します。

購入を考えている方は是非参考にしてください。

No.1テトラブリラントフィルター

言わずと知れたテトラ社のフィルターです。

少し昔感のあるフィルターですが、まだまだ現役の性能です。

スポンジの評価

f:id:popopoppun:20190108124336j:image

まぁまぁ目が細かいです。

めちゃくちゃ目が細かいわけではありませんが、それでも目詰まりしやすい部類ですね。

表面積が大きくなるようにスポンジに円状の窪みがあります。

サイズの評価

f:id:popopoppun:20190108124751j:image

少し大きめかなという印象です。

画像の水槽は30センチ水槽になります。

40あるいは45センチ水槽でないと垂直に置くのは難しいと思いますが、それ以下は斜めに置くのが鉄板ですね。

総評

f:id:popopoppun:20190108124657j:image

目の細かさもあり濾過力はかなり高いです。

スポンジがシングルな為詰まりやすいことと、キスゴムが弱くなってくると外れやすくなる点がネックです。

サイズに関しては異なるものが3種あるので、水槽サイズに合わせて選べば問題ないです。

 

No.2テトラツインビリーフィルター

先ほどのフィルターのツインバージョンになります。

ビリーとつく種類はスポンジの目が更に細かくなっています。

ツインタイプもサイズが3種類ありますが、シングルと同じく一番小さいものだけがビリーとなっています。

スポンジの評価

f:id:popopoppun:20190108145906j:image

とにかく目が細かいです。

それ故に濾過能力は高いものの目詰まりが激しいです。

稚魚の育成や少数飼育で輝くフィルターだと思います。

サイズの評価

f:id:popopoppun:20190108150010j:image

画像は30センチ水槽です。

ビリーシリーズということでサイズは小さいです。

それ故に高さのある水槽ではサイズ不足が否めません。

36センチ水槽以下で使うと良いでしょう。

総評

f:id:popopoppun:20190108150051j:image

同じテトラ社のフィルターなのでキスゴムについては同じです。

ビリーシリーズの一番の強みは小型水槽にも使えることですね。

濾過力とスポンジへの負担を考え、シングルよりツインのフィルターを使うことをオススメします。

その中でビリーシリーズ、ブリラントシリーズの中からサイズの合うものを選択するのが良いと思います。

No.3ツインフィルターXY-2831

僕がメインに使っているフィルターです。

とても素晴らしいです。

スポンジの評価

f:id:popopoppun:20190108124336j:image

ブリラントのスポンジとほぼ同等です。

形も同じなので差は殆どありません。

サイズはビリーと同程度で小さいです。

サイズの評価

f:id:popopoppun:20190108131205j:image

画像は30センチ水槽。ピッタリです。

ビリーでは少し小さくブリラントは大きすぎますが、これは30〜36センチ水槽に一番適しています。

我が家では30センチ水槽30本。36センチ水槽5本を稼働させているので殆ど全てがこのフィルターになっています。(最初の頃はツインビリーフィルターを使っていました)

総評

f:id:popopoppun:20190108150127j:image

このフィルターの一番の強み。

それは値段です!!!

Amazonで5つ2000円程で売られているので、一つあたり400円。なんという破格。

欠点としては、作りが少し雑なことですね(^_^;)

同サイズのビリーフィルターと比べると少し濾過力が低いです。

そのぶん目詰まりしにくく、スポンジが小さいので揉み洗いが楽です。

やはり何十個も揉み洗いするのは手に負担がかかりますので…

こちらはキスゴムの作りがガッチリとしている為か外れることはあまりありません。

まとめ

いかがだったでしょうか。私個人としてはxy-2831がオススメです。

他には置くタイプのスポンジフィルターもありますが、別の機会に紹介しようと思います。

ありがとうございました。

 

 

 

 

2018冬の大選別祭り(下見)

休みで暇だったので若魚を確認ついでに軽い選別だけしました。

f:id:popopoppun:20181214211321j:image

f:id:popopoppun:20181214211011j:image

まずはこの水槽。2.5〜3ヶ月ちょいくらいです。

親があまり良くないので期待薄なのですが…

f:id:popopoppun:20181214211912j:image

良さげか。
f:id:popopoppun:20181214211855j:image

尾ビレは良いので発色が後からついてくれば…
f:id:popopoppun:20181214211909j:image 

サムネのやつ。
f:id:popopoppun:20181214211851j:image

まぁまぁ。
f:id:popopoppun:20181214211916j:image

リボンはさっきの方がいいな。
f:id:popopoppun:20181214211859j:image

ほっそwこれはダメです。

写真で見る5倍くらい細いです。
f:id:popopoppun:20181214211906j:image

シミと。
f:id:popopoppun:20181214211847j:image

黒シミが出てきたのは弾きます。

しかも奇形ですね
f:id:popopoppun:20181214211844j:image

後は並みといった所か。
f:id:popopoppun:20181214211903j:image

残りはまだちっこいので後にします。発色も遅いので。

f:id:popopoppun:20181214212414j:image

雌も。
f:id:popopoppun:20181214212411j:image

とりあえず合格
f:id:popopoppun:20181214212404j:image

こちりも合格。
f:id:popopoppun:20181214212407j:image

選外。

 

f:id:popopoppun:20181214212610j:image

次はこちら。2.5ヶ月

先先代でひょんな事故で崩れてしまったのですが、、、

ぱっと見ダメそうな個体いませんでした。

サイズが伸びないのでF1に作り直しています。
f:id:popopoppun:20181214212606j:image

雌もこんだけいて黒点は0です。

あ、そういえば砂を敷くようにしました。

管理楽チンでいいですね。

 

f:id:popopoppun:20181214213002j:image

ラスト、こちらも妥協した個体から取った魚になります。

2ヶ月ちょいですが、数が多いので減らしたいです。
f:id:popopoppun:20181214212953j:image

とりあえず選外はこれくらい。まずまずでしょう。
f:id:popopoppun:20181214212957j:image

濾過バランスが崩れちゃってます。雌です。
f:id:popopoppun:20181214212948j:image

ここで事故発生。

この時点で使えそうな雌が10もいないなんて… 

明らかダメそうなのだけ弾いて後は戻しました。

殆どの雌が他の系統なら弾くレベルとは…

同じ系統の別の種親から子供を採っているので、わざわざこの中から親を選ぶ必要はないですが…

もう1、2ヶ月様子みます。

 

ビフォーとアフター

今期BD組も5ヶ月となり、ある程度形になってきました。初期と比べるとベタ塗りなタキシードから普通のタキシードになってしまいました。

背ビレは当初の倍ほど大きくなり、ボディサイズも幾分かマシになったと思います。

f:id:popopoppun:20181211180720j:image

画像の通り、背ビレが大きすぎて開ききっていせん。

f:id:popopoppun:20181211180613j:image

こんな感じ。

次は背ビレを縦に伸ばしていく方向で進めようかと思います。

f:id:popopoppun:20181211180601j:image

少し小さいですが、、、
f:id:popopoppun:20181211180704j:image

直角に伸びて角のある背ビレを目指したいと思います。
f:id:popopoppun:20181211181313j:image

数があまりいませんが、そろそろ種親選別が必要ですね。

f:id:popopoppun:20181211180713j:image

初代BD。

とても人に見せられるものでなかったので画像がありませんが、タキシードが非常に濃いことが分かるかと思います。

当初、背ビレはそこまで大きくなかったと思います。


f:id:popopoppun:20181211180609j:image

雌、こちらは先先代の表現に戻しました。
f:id:popopoppun:20181211180605j:image

これはダメですね。

BDでありながらもエッジを効かせ、尾ビレは雄のように厚みを持たせます。

今はまだですが、成長するにつれ尾ビレに厚みが出てきます。
f:id:popopoppun:20181211180708j:image

別の雌。
f:id:popopoppun:20181211181736j:image

さらに別の雌。

これもダメか。
f:id:popopoppun:20181211181739j:image

さらにさらに別の雌。シミあり。
f:id:popopoppun:20181211180429j:image

背ビレも見ないといけませんね。

f:id:popopoppun:20181211180717j:image

RREABDの方は何故かノーマルと表現がバラけました。

雄はノーマルほど背ビレが大きくならず、雌の尾ビレはこじんまりとしています。

分けて育てたので、育成の差はないはずなのですが。

 

f:id:popopoppun:20181211182037j:image

雄は種雌とのバッククロスに使っていたのですが、雌が13ヶ月ということもあり次々と落ちてしまい、3匹ほどになってしまったので、別ルートに変えます。

子供は300匹ほど採れたかと思います。


リボン化ルートと同胎ルートは考えていますが…そろそろ決めないといけませんね。

 

charm本店で見る方はこちら!

ぐしゃぐしゃになっちゃった!

目が覚めたら夕方でした。こんばんは。

f:id:popopoppun:20181206165451j:image

こちら非常に安定した形質を持つ系統のドイツです。特に酷い個体もいないので選別せずそのままにしていました。

シミや奇形も殆どなく、"色々と"安定しています。

 

まだ若魚ですがかなり過密で飼育しているため、種親にはなれなさそうな個体を弾こうと思ったのですが、特に弄らずとなりました。

 

f:id:popopoppun:20181206165943j:image
f:id:popopoppun:20181206165937j:image

ペカペカの個体もいました。若干ホワイトウイング寄りです。

 

f:id:popopoppun:20181206170207j:image

この系統の親サイズと我が家のコンテスト用の種親をクロスしています。

もう1週間くらいで採れる予定です。


f:id:popopoppun:20181206170210j:image

こちら閉じる系統です。


f:id:popopoppun:20181206170203j:image

ピングーが発現したのですが、リボン雄とノーマル雌にしか発現せず、、、

そのまま金太郎飴で維持できるならとにかく、水槽割いてまで維持する気はないです。

 

f:id:popopoppun:20181206170614j:image
f:id:popopoppun:20181206170608j:image

オークションに種親のリボンペアを出品しようと思っていたのですが、雄は尾ビレを齧られてしまい、雌は背ビレが折れてしまいました。

うーん、残念。

ピークまでに治れば出品しようかなと思います。

 

f:id:popopoppun:20181206170906j:image

ノーマルはペアリングに使っていますが、採れませんね。

 

f:id:popopoppun:20181206171303j:image

f:id:popopoppun:20181206171136j:image
f:id:popopoppun:20181206171130j:image
f:id:popopoppun:20181206171127j:image

選外となってしまいますが、4つほど出品しました。

少し飼育がごちゃごちゃしているので整理したいですね。

 

charm本店で見る方はこちら!