グッピーコンテスト優勝を目指す男の飼育日記

グッピーjournal

グッピーブリーダーのあれやこれや

2018冬の大選別祭り(下見)

休みで暇だったので若魚を確認ついでに軽い選別だけしました。

f:id:popopoppun:20181214211321j:image

f:id:popopoppun:20181214211011j:image

まずはこの水槽。2.5〜3ヶ月ちょいくらいです。

親があまり良くないので期待薄なのですが…

f:id:popopoppun:20181214211912j:image

良さげか。
f:id:popopoppun:20181214211855j:image

尾ビレは良いので発色が後からついてくれば…
f:id:popopoppun:20181214211909j:image 

サムネのやつ。
f:id:popopoppun:20181214211851j:image

まぁまぁ。
f:id:popopoppun:20181214211916j:image

リボンはさっきの方がいいな。
f:id:popopoppun:20181214211859j:image

ほっそwこれはダメです。

写真で見る5倍くらい細いです。
f:id:popopoppun:20181214211906j:image

シミと。
f:id:popopoppun:20181214211847j:image

黒シミが出てきたのは弾きます。

しかも奇形ですね
f:id:popopoppun:20181214211844j:image

後は並みといった所か。
f:id:popopoppun:20181214211903j:image

残りはまだちっこいので後にします。発色も遅いので。

f:id:popopoppun:20181214212414j:image

雌も。
f:id:popopoppun:20181214212411j:image

とりあえず合格
f:id:popopoppun:20181214212404j:image

こちりも合格。
f:id:popopoppun:20181214212407j:image

選外。

 

f:id:popopoppun:20181214212610j:image

次はこちら。2.5ヶ月

先先代でひょんな事故で崩れてしまったのですが、、、

ぱっと見ダメそうな個体いませんでした。

サイズが伸びないのでF1に作り直しています。
f:id:popopoppun:20181214212606j:image

雌もこんだけいて黒点は0です。

あ、そういえば砂を敷くようにしました。

管理楽チンでいいですね。

 

f:id:popopoppun:20181214213002j:image

ラスト、こちらも妥協した個体から取った魚になります。

2ヶ月ちょいですが、数が多いので減らしたいです。
f:id:popopoppun:20181214212953j:image

とりあえず選外はこれくらい。まずまずでしょう。
f:id:popopoppun:20181214212957j:image

濾過バランスが崩れちゃってます。雌です。
f:id:popopoppun:20181214212948j:image

ここで事故発生。

この時点で使えそうな雌が10もいないなんて… 

明らかダメそうなのだけ弾いて後は戻しました。

殆どの雌が他の系統なら弾くレベルとは…

同じ系統の種親から子供を採り続けているので、わざわざこの中から親を選ぶ必要はないですが…

もう1、2ヶ月様子みます。

 

ビフォーとアフター

今期BD組も5ヶ月となり、ある程度形になってきました。初期と比べるとベタ塗りなタキシードから普通のタキシードになってしまいました。

背ビレは当初の倍ほど大きくなり、ボディサイズも幾分かマシになったと思います。

f:id:popopoppun:20181211180720j:image

画像の通り、背ビレが大きすぎて開ききっていせん。

f:id:popopoppun:20181211180613j:image

こんな感じ。

次は背ビレを縦に伸ばしていく方向で進めようかと思います。

f:id:popopoppun:20181211180601j:image

少し小さいですが、、、
f:id:popopoppun:20181211180704j:image

直角に伸びて角のある背ビレを目指したいと思います。
f:id:popopoppun:20181211181313j:image

数があまりいませんが、そろそろ種親選別が必要ですね。

f:id:popopoppun:20181211180713j:image

初代BD。

とても人に見せられるものでなかったので画像がありませんが、タキシードが非常に濃いことが分かるかと思います。

当初、背ビレはそこまで大きくなかったと思います。


f:id:popopoppun:20181211180609j:image

雌、こちらは先先代の表現に戻しました。
f:id:popopoppun:20181211180605j:image

これはダメですね。

BDでありながらもエッジを効かせ、尾ビレは雄のように厚みを持たせます。

今はまだですが、成長するにつれ尾ビレに厚みが出てきます。
f:id:popopoppun:20181211180708j:image

別の雌。
f:id:popopoppun:20181211181736j:image

さらに別の雌。

これもダメか。
f:id:popopoppun:20181211181739j:image

さらにさらに別の雌。シミあり。
f:id:popopoppun:20181211180429j:image

背ビレも見ないといけませんね。

f:id:popopoppun:20181211180717j:image

RREABDの方は何故かノーマルと表現がバラけました。

雄はノーマルほど背ビレが大きくならず、雌の尾ビレはこじんまりとしています。

分けて育てたので、育成の差はないはずなのですが。

 

f:id:popopoppun:20181211182037j:image

雄は種雌とのバッククロスに使っていたのですが、雌が13ヶ月ということもあり次々と落ちてしまい、3匹ほどになってしまったので、別ルートに変えます。

子供は300匹ほど採れたかと思います。


リボン化ルートと同胎ルートは考えていますが…そろそろ決めないといけませんね。

 

charm本店で見る方はこちら!

ぐしゃぐしゃになっちゃった!

目が覚めたら夕方でした。こんばんは。

f:id:popopoppun:20181206165451j:image

こちら非常に安定した形質を持つ系統のドイツです。特に酷い個体もいないので選別せずそのままにしていました。

一般のショップさんのいくつかにはこの系統が出回っているかと思います。

雌は多産で大きく、見応えがあります。

またシミや奇形もなく、"色々と"安定しています。

 

まだ若魚ですがかなり過密で飼育しているため、種親にはなれなさそうな個体を弾こうと思ったのですが、将来有望魚が多く特に弄らずとなりました。

 

f:id:popopoppun:20181206165943j:image
f:id:popopoppun:20181206165937j:image

ペカペカの個体もいました。若干ホワイトウイング寄りです。

 

f:id:popopoppun:20181206170207j:image

この系統の親サイズと我が家のコンテスト用の種親をクロスしています。

もう1週間くらいで採れる予定です。


f:id:popopoppun:20181206170210j:image

こちら閉じる系統です。

出所が分からない系統ですが、ダメですね。

良い所がありません。


f:id:popopoppun:20181206170203j:image

唯一の良い?ことはピングーが発現したのですが、リボン雄とノーマル雌にしか発現せず、、、

そのまま金太郎飴で維持できるならとにかく、水槽割いてまで維持する気はないですね。

 

f:id:popopoppun:20181206170614j:image
f:id:popopoppun:20181206170608j:image

オークションに種親のリボンペアを出品しようと思っていたのですが、雄は尾ビレを齧られてしまい、雌は背ビレが折れてしまいました。

うーん、残念。

まだ、6ヶ月半ですがピークまでに治れば出品しようかなと思います。

 

f:id:popopoppun:20181206170906j:image

こちらリボン雄しか余剰分がないのでショップに渡してきました。

ノーマルはペアリングに使っていますが、採れませんね。

 

f:id:popopoppun:20181206171303j:image

f:id:popopoppun:20181206171136j:image
f:id:popopoppun:20181206171130j:image
f:id:popopoppun:20181206171127j:image

選外となってしまいますが、4つほど出品しました。

少し飼育がごちゃごちゃしているので整理したいですね。

 

charm本店で見る方はこちら!

ラック二台目♪

f:id:popopoppun:20181127212334j:image

ようやく2台目のラックを設置することができました。部屋が狭いのなんの。

 

f:id:popopoppun:20181127212509j:image

塩ビ配管の為にコックを30個買ったものの、5個ほどはコックが硬すぎて使い物になりませんでした。中国メーカー…1つ100円もするんだから頼みます。


f:id:popopoppun:20181127212521j:image

いつも通り、塩ビにコックを取り付け


f:id:popopoppun:20181127212517j:image

1台目のラックを外して


f:id:popopoppun:20181127212513j:image

連結しました。


f:id:popopoppun:20181127212525j:image

たわみは応急処置で対応。


f:id:popopoppun:20181127212529j:image

少したわんで、、、


f:id:popopoppun:20181127212538j:image

たわ…


f:id:popopoppun:20181127212541j:image

壁に固定するわけにもいかないので、とりあえず完成!

 

話変わりますが。

一気にお金がなくなってしまったので、鑑賞価値の高いグレードの高いリボン雄やサンセットリボンをなんとかしたいです。

今はコンテストもないですしノーマル雄がいないので放出できず…

 

若い雄を付けて売ろうかと思いましたが、今の若魚は来年のコンテスト用なので手元に置いておきたいです。それに種リボン雌は現役ですしね。

 

とりあえずRREABDの種親を選んで、余剰分を出品しました。興味がありましたらよろしくお願いします。

 

f:id:popopoppun:20181127213339j:image

リボン雌ギャラリーでも作ろうかなと思っています。


f:id:popopoppun:20181127213344j:image

顎外れですがサンセットリボン雌。

 

サンセットリボン雌でも胸鰭が染まることを確認しました!

 

f:id:popopoppun:20181127213911j:image

Faリボン雌

 

画像で見るよりもっと背ビレ大きいです。

5匹ほど居ますが、背ビレが大きい個体に限って奇形なんですよね。

 

f:id:popopoppun:20181127214108j:image

プラチナが掛かっていたリボン雌、ワンチャンソリッドも出るので一腹採りました。70匹ほどです。

表現的に良い個体は出なそうですが、遺伝子だけ手元に置いておきたいです。

 

以前コメント頂いた方が素晴らしいハイドーサルリボンを出品なさっていましたが僕もビッグドーサルをリボン化してみようと思います。

ただ現在はコンテスト用の個体に注力したいので、後回しです。

 

一応ビッグドーサルとスーパーセルフィンリボンをクロスした仔を採っていますが、雌にサンセットが混じっていることもあり全然数が採れていません。

 

f:id:popopoppun:20181127214823j:image

前回のコンテスト会場でEGAのフードを購入したのですが、とても良かったのでキロ買いしました。近いうちに届くと思います。

特にプレミアムの方の食いつきが素晴らしいです。

 

細かい餌なので、稚魚から種親まで幅広く使えます。元々好んで使っていたハイグロウと同じ感じなので魚も食わず嫌いはないですね。

 

決してステマではございません…。それでは。

 

charm本店で見る方はこちら!

来年組+グピコンお疲れ様でした

f:id:popopoppun:20181117195411j:image

先週の日曜日に開催されたグピコンに行ってきました!

出品はしませんでしたが、良い刺激になりました。僕も来年頑張ります。

同世代の方、高め合っていきましょう。

 

こちらは来年組が沢山スタンバイしており、準備万端ですよ!

 

f:id:popopoppun:20181117195901j:image
f:id:popopoppun:20181117195948j:image
f:id:popopoppun:20181117195911j:image
f:id:popopoppun:20181117200003j:image
f:id:popopoppun:20181117195908j:image
f:id:popopoppun:20181117200006j:image
f:id:popopoppun:20181117195951j:image
f:id:popopoppun:20181117195956j:image
f:id:popopoppun:20181117200010j:image
f:id:popopoppun:20181117195904j:image

 

charm本店で見る方はこちら!

サンセットの今後

f:id:popopoppun:20181102224630j:image

こんばんは。

前前回のサンセットバージョンになります。

 

現在プラチナとノーマルの二系統がいますが、基本的に別系統とクロスしながら維持するサンセットを同胎で維持してきたので色々崩れてきました。

 

ですので、ノーマルサンセットの方はメインの系統とペアリングを始めました。

今のところサンセットの方にはガルウィングが出ていませんが、若いのでこれからに期待です。

 

プラチナの方はソリッドとFaが発現しています。

f:id:popopoppun:20181102225522j:image
f:id:popopoppun:20181102225512j:image

プラチナソリッド
f:id:popopoppun:20181102225509j:image
f:id:popopoppun:20181102225525j:image

プラチナ(尾ビレ壊滅)

 

サンセットのプラチナソリッドとプラチナの雄には別系統のノーマルと掛けています。

Faのリボン雌はBDの雄とペアリングさせています。

昨日同胎の仔が25匹ほど採れたので一安心です。

 

なにやら文章書く気がなくなってしまったので、以下画像で割愛ということで…

ぶっちゃけ後から読んで過去に何をしたか理解できれば満足なのです。

f:id:popopoppun:20181102230443j:image
f:id:popopoppun:20181102230437j:image

f:id:popopoppun:20181102225219j:image
f:id:popopoppun:20181102225151j:image

f:id:popopoppun:20181102225222j:image

f:id:popopoppun:20181102225209j:image
f:id:popopoppun:20181102225159j:image

f:id:popopoppun:20181102230214j:image

全体的にサンセットは尾ビレが壊滅なので直していきたいです。

 

とりあえず母数を稼ぎたい所。

charm本店で見る方はこちら!

ブリーダーが教えるグッピーの繁殖マニュアル

グッピーの繁殖まとめ

f:id:popopoppun:20181217115243j:image

今回はブリーダーの端くれである私がビギナーさん向けに繁殖のコツやポイントを紹介していきます。

初心者さんでも丁寧に飼育すれば絶対に繁殖できる魚です。

グッピーの繁殖を通して、少しでも繁殖の楽しさを学んでいただけたら幸いです。

そのまま他の魚を繁殖させるもよし、グッピーの泥沼にハマるもよしです!笑

目次

グッピーの出産方法

皆さんご存知の通りグッピーは産卵をしません。

子供を直接出産する卵胎生というタイプの魚になります。

メジャーなものだとプラティーやソードテール、モーリーも卵胎生の仲間になります。

グッピーの成熟月齢は?

通常、グッピー3か月程で出産が可能になります。

つまり、ショップで販売されているサイズであれば、まず間違いなく成熟しているので繁殖可能です。

 

オスメス一緒に販売されている場合は交尾済みなことが多いため(ほぼ100%)、購入後にオスメス分けても繁殖してしまう可能性が高いです。

生後3ヶ月足らずで繁殖を確認することも多々あります。

グッピーの交配方法は?

グッピーのオスは尻ヒレが棒状に変化しておりゴノポディウム(以下ゴノポ)という生殖器になっています。(画像参照)

f:id:popopoppun:20181217133859j:image

このゴノポをメスの排泄肛に押し当て精子を注入することで交尾が成り立つわけです。

 

オスとメスを混泳させ、オスの様子を観察していると体を震わせながらヒレを広げる求愛ダンスや、ゴノポを突き立てながらメスを追尾する様子が見れるかと思います。

 

メスはオスの精子を貯蔵しておくことができるため、交配後も2~3回ほどは出産が可能です。

特に交配済みのメスを別のオスとペアリングさせる場合は注意が必要です。

産まれてくる稚魚は以前交配に使ったオスの精子で受精した稚魚新しくペアリングさせたオスの精子で受精した稚魚の2パターンを産むことがあるからです。

 

狙ったペア(種親)から子供を採るために、ブリーダーは早い段階から雄雌を分けます。

ゴノポが形成される前(生後1ヶ月程)にオスメスを分ければ問題なしというわけです。

その為、狙ったペアから子供を採るためには

オスメスを分けることが必須です。

ポイント

作出などで1対1の交配をしない場合、確実に稚魚を採る為にオスを多めにすることをオススメします

 

メスが少ないとストレスがかかると言われることがありますが、よっぽどの比率や過密でない場合心配ありません。

ましてや老齢のグッピー(7か月以降)になるとオスの活力が低下して交尾が難しくなるため、ある程度のオスが必要になります。

更にリボンスワローだと更に顕著に表れるため、ブリーダーは若いオスを交配に使ったりして対応します。

また、RREAやルチノー系も視力が悪いため交配しずらいです。

グッピーの出産周期は?

一般的にグッピーの出産周期は20~30日と言われています。

これは水温に依存しているところがあり、高いほど早くなる傾向があります。

先述の通りグッピーのメスはオスの精子を貯蔵しておくことができるため、妊娠自体は簡単に出来ますので出産時期を見分ける観察眼が必要になってきます。

グッピーの出産の見分け方は?

グッピーの出産の見分け方としてよく挙げられるのがお腹が角ばってきたらという表現です。間違ってはいないのですが、初めて繁殖させる方にはいまいちピンとこないとおもいます。

また、あまりにもお腹がパンパンだと腹水病の可能性もあります。

おかしいな?と思ったら糞がしっかり出ているか確認してみてください。

f:id:popopoppun:20181025021110j:image

ここまで顕著な個体はあまり見ませんが、画像は腹水病のメスです。
f:id:popopoppun:20181025021247j:image

こちらが出産間近なメスです。

お腹があまり膨らまない系統などもいるので注意が必要です。

特に初産の個体は稚魚が少ない為、あまりお腹が膨らまない傾向にあります。

 

ガラス面に顔をつけて上下にせわしなく動くという見分け方もありますが、個人的な体感だとスポンジフィルターの上や裏に隠れる個体の方が多いです。

f:id:popopoppun:20181025021620j:image

出産の近いメス達。

ポイント

確実に仔を取る為には前回の出産から20日ほどで隔離(次項で解説)してしまうことが確実です。

妊娠を見分けるには消灯時など色抜けしている時にライトを点けてメスの腹部を確認すると良いです。

色抜けしていれば腹部が目視できます。

出産が近いと稚魚で黒く、まだの場合は卵が見えます。

色抜けしていない場合だとメス自体のメラニン色素で黒く見えてしまうことがある為、注意して下さい。

f:id:popopoppun:20181025032930j:image

このように稚魚の目が見えることもあります。

画像の雌は、お腹はそこまで膨らんでいないもの出産が近いことが分かりますね。

グッピーの出産が近いと分かったら?

グッピーの出産が近いと分かったら、いよいよ隔離の時期になります。

ブリーダーのように水槽をいくつも置けない場合は自然出産に任せるという方法もあります。

定番ですがウィローモスやウォータースプライトは稚魚の隠れ家として最適です。

隔離先として、産仔ケースも市販されていますね。
 

かくいう私も最初は使っていましたが現在は使用していません。

枠あり水槽を縦に並べるブリードスタイルではどうしても邪魔になってしまうからです。

ポイント

ブリーダーの方でも自然出産させた後に水槽から稚魚を採る人もいます。

親魚から隠れ、生きのびた稚魚は強い形質を持つという考え方のようです。

確かに弱体化している個体は上手く泳げないことも多い為、自然に排除できますね。

 

私は水槽外で産仔ケースを使い確実に仔を取っています。

これは水槽内に水草などの隠れ家を一切入れておらず、自然出産では生き残る稚魚が余りに少なすぎるからです。

隔離の期間について

一般的に、隔離の期間はなるべく短い方が良いと言われます。

確かにその通りではあるのですが、それは理想論です。

 

グッピーは健康な個体であれば、隔離して1週間を超えても全く問題ないです。

餌の食いなどは多少落ちますが、そもそも隔離中に給餌をする必要はありません。

あくまで水質を保つことが最優先です。

 

健康な個体であれば1ヶ月ほどの絶食にも耐えれる魚です。

出産しないからと何回も隔離したり水槽に戻したりする方がよっぽとストレスになるというものです。

 

先述の通り、私は稚魚の形成が確認できた時点で隔離してしまいます。

わざわざ繁殖直前をピッタリ狙う必要などありません。

産仔したら?

出産が確認出来たら、稚魚の採り逃しを防ぐために暫くは産仔ケースに入れたままにしておきます。
個体によっては1日かけて産む個体数匹産んだ後、時間を置いて再び産仔する個体もいるので注意してください。

 

通常グッピーのメスは繁殖後も卵を3割ほど残します

繁殖後、メスのお腹はヘコんでしまいますが、あまりにベッコリとヘコんでしまっている場合2つのパターンがあります。

 

1.卵を全て放出してしまったor次の卵が形成できなかった。

前者の場合は卵が再び形成されお腹がふっくらとしてきますが、後者の場合はベッコリとヘコんだままです。

イトミミズなど栄養価の高い餌をふんだんに与えることで改善する場合もありますが時間がかかります。

これは虚弱化の影響と考え、わざわざ稚魚を採る必要はないと思っています。

2.老齢

老いたメスが出産後に繁殖能力が失われてしまうパターンです。

この場合、復活は不可能ですので親魚としての使命は終わります。

ゆっくりと老後を過ごさせてあげてください。

f:id:popopoppun:20181025030517j:image

また老齢のメスは死産や未成熟の稚魚を放出する確率が高いです。

正常だった稚魚への影響は分かりませんが、普通に考えるとあまり良くないのは確かですね。

残念ながら出産の直前になって死んでしまうメスもいますし、出産しながら死んでしまうメスもいます。

繁殖後は?

出産の終わりが確認できたら親魚は水槽に戻します。

消耗した体力の回復と新たな卵の形成の為、栄養価の高い餌をふんだんに与えてください。

ブラインシュリンプイトメ、赤虫がオススメです。

 

産仔ケースで出産させた稚魚はそのままケース内で飼育することも可能です。

ただし、限られた水量では水の汚れにはくれぐれも注意を。

食べ残しが発生しやすい時期なので、小まめにスポイトで取り除くようにします。

下記のスポイトはオススメです。

水槽内で産まれた稚魚の回収にも使えます。

私はノーマルとロングバージョン2本持っています。

 

プラケースなどに産ませた場合は、まず水を換えてください。

稀に腹水を多く放出する個体がおり水が急激に汚れていることがあります

生臭い匂いがしたら要注意です。

水換え後は少し塩を投入することをオススメします。0.2〜0.3%の少し薄めが良いです。

針病の予防に塩を入れる…というのもありますが、ブラインシュリンプが長生きします。

最低でも1日2〜3回は餌を与えて欲しいのですが、ブラインシュリンプを数時間泳がせることで飽和的に給餌することができます。

 

人工飼料でも育てることは可能ですが、個人的にブラインシュリンプは使って欲しいですね。

稚魚時の給餌でその後が決まると言っても過言ではありません。

沢山食べて育った個体とは体躯やサイズに差が出ます。

粉餌を使う場合は食べ残しで水が汚れやすいので注意が必要です。

2、3日に一度は水換えを心掛けて下さい。

 

あえて水換えをしないことで、虚弱な個体を落としたり、病気への耐性を作る…

という方法もありますが、餌食いが悪くなりますし、わざわざ実践する必要性はないと思っています。

また、止水飼育のタンクメイトとしてラムズホーンを入れることで水の持ちが格段に良くなります。

水槽デビュー

生後10日ほど経つと遊泳性も高まり、水槽に入れることができます。

私はプラケースで1ヶ月引っ張ることもありますが、水換え地獄ですし成長速度も水槽に入れた方が段違いで早いです。

親魚と同じ水槽に入れる方は、齧られないか様子を見て合流させましょう。

飼育に関しては別の記事で書こうと思います。

まとめ

グッピーは繁殖が簡単な一方、飼育キャパを考えずに繁殖する方が多く見受けられます。

里親や安価での販売が頻繁に行われている魚種ですが、自分に管理できる数の飼育を心掛けましょう。

この記事が少しでもグッピー初心者さんの参考になれば幸いです。

 

今までは私のブリード日記として使ってきた当ブログですが、今後はこのような方面でも頑張ってみようかなと思います。

またまだ技術・知識共に不足しておりますが、応援よろしくお願いします。

 

charm本店で見る方はこちら!