グッピーコンテスト優勝を目指す男の飼育日記

馬鹿な大学生がグッピーコンテスト優勝を目指す過程の記録や飼育論を綴ります。

サンセットの胸鰭について。

f:id:popopoppun:20180624223312j:image

サンセットドイツイエロータキシード。

現在のところ胸鰭が大きく伸張しているものが人気といっても間違いないでしょう。

 

我が家のサンセットについて(2018.6.24時点)胸鰭だけに焦点を当て記録ついでに紹介していきます。

 

いずれこんなレベルの時もあったなと言える日が来ることを期待しています。

 

f:id:popopoppun:20180624223740j:image

今のところ一番流通しているタイプの胸鰭です。

特に言うことはないですが、可愛らしい形?

 

我が家でも一番多く出る個体で、ある意味ハズレ枠です。

胸鰭伸張度(当ブログ比):★☆☆☆☆

 

f:id:popopoppun:20180624223747j:image

分かりづらいですが、左胸鰭が一箇所少し伸張しています。なんで?

 

f:id:popopoppun:20180624224226j:image

似たような個体がいました。この仔も左胸鰭だけが少し伸張しています。

通常はこのように先端部分が突出するように伸張するはずです。

先程の個体は中途半端な部分が伸張していたので不思議。

 

f:id:popopoppun:20180624224732j:image

胸鰭がビヨーンと伸びてるタイプ。

胸鰭伸張度:★★☆☆☆

オークションなどで見かける頻度としては星1と星2には割と差があります。
f:id:popopoppun:20180624224728j:image

うろちょろして上手く撮れないので掬い上げます。
f:id:popopoppun:20180624224740j:image

※しっかり手を冷やしてからやりましょう。

 

上から見るとこんな感じです。かっちょいい。

もっと伸びて欲しいです。

 

 

f:id:popopoppun:20180624225442j:image

先程の進化系です。

胸鰭伸張度:★★★☆☆

星1と比べると一線を画しています。

今のところ、これが我が家のサンセットの限界です。まだ1匹しかいません。

 

とりあえず今はサンセットの母数を増やすために交配中です。

いずれはこのタイプがメインになってくれれば良いのですが、、、

 

サンセット自体の難易度と発現率。

伸張個体の発現率と壁が並んでいるので道は険しいです。

今は孕ませる為に伸張していない個体も使わざるを得ない状況。

 

f:id:popopoppun:20180624225542j:image

先っちょシャキーン、

 

f:id:popopoppun:20180624225438j:image

上から見るとこんな感じ。

別の個体と一対一で掛け合わせるか悩んでいます。

これでシミもないという天運。(シミ率も高い)

 

f:id:popopoppun:20180624230338j:image

サムネの個体です。

僕の家にいるサンセットの中では一番胸鰭が大きいです。

購入した個体なので真の意味で私の魚とは言えませんが。

 

尾ビレはダメージでボロっていますが良く追ってくれています。シミは不可抗力。

胸鰭伸張度:★★★★☆


f:id:popopoppun:20180624223312j:image

明らかに別レベルの胸鰭…。

全体が伸張するタイプもかっこいいですね。(恍惚)

 

子供は以前あげた記事の通り取れているので、成長が楽しみで仕方ありません。

 

34匹採れていますが、半分リボン、半分雌で、ノーマル雄の期待値は8匹程度。

さらにサンセットの発現率は…(´・ω・`)

 

同じレベルの個体が出たら良いですね!(丸投げ)

 

以上でーす。